2018年9月26日(水)

GM、19年発売の自動運転車をミシガン州で生産

自動運転
BP速報
2018/3/20 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は、米国ミシガン州にあるOrion Township組み立て工場で、2019年に商品化する予定の自動運転車「Cruise AV」を生産すると18年3月15日に発表した。自動運転に必要なセンサーなどを搭載したルーフモジュールは、Brownstown工場で生産する。同社は両工場の設備を刷新するため、1億ドル以上を投資する。ルーフモジュールの生産はすでに始まっている。

Cruise AVの運転席周辺

Cruise AVの運転席周辺

 Cruise AVは、同社が開発した自動運転機能を搭載しており、すでにテスト車両で1年以上、試験走行を実施。ドライバーがステアリングホイールやペダルなどの手動操作なしで安全に自動走行できる、同社初の車両となる。

 Orion工場は、サンフランシスコのダウンタウンを含む混雑した都市環境で走行できる自動運転試験車を、17年1月から200台以上生産した実績がある。Cruise AVの生産が始まっても「Chevrolet Bolt EV」と「Sonic」の生産も続ける予定だ。

 Brownstown工場は、生産ラインアップに電池だけでなく、ルーフモジュールを加えることになる。ルーフモジュールにはLiDAR(ライダー:レーザーレーダー)やカメラ、センサー、その他のハードウエアなど自動運転用の部品が組み込まれる。

(ライター 櫛谷さえ子)

[日経 xTECH 2018年3月19日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報