/

この記事は会員限定です

東大中退「新しい人生の選択肢」「わき上がるもの求め」

本郷バレー(23) プロゲート・加藤氏、ふらりーと・斉藤氏

[有料会員限定]

東京大学の学生起業家が増えるなか、事業に集中し中退する若者も現れている。プログラミング初心者向け学習サービスを提供するプロゲート(東京・渋谷)の加藤将倫社長(25)と、オイシックスドット大地の傘下入りを選んだふらりーと創業者の斎藤大斗氏(23)。「東大卒」の肩書より大事なものは何か。2人に聞いた。

プロゲート・加藤将倫社長

――東大に入った理由は。

「特にやりたいことはなかったので、めざすなら東大かなと思いました。2011年に理科1類に入学し、工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2017文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン