/

この記事は会員限定です

外から見ると変? パナソニック社外取締役2氏に聞く

[有料会員限定]

パナソニックの社外取締役を務める元経済財政相の大田弘子氏、経営コンサルタントの冨山和彦氏。多くの企業の経営や、官庁での仕事に携わってきた両氏にパナソニックの今の立ち位置と、目指すべき方向性を聞いた。

取締役会、ガッチガチだった大田氏

――パナソニックに関わって最初の印象は何でしたか。

「2000年に中村邦夫氏が社長になるときのアドバイザリーボードのメンバーとして呼ばれた。当時、私を含めた外部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン