/

この記事は会員限定です

曲がり角のパナショップ、タブーに踏み込む

[有料会員限定]

「街の電器屋さん」。家族経営のこじんまりした雰囲気のイメージが強いパナソニックショップ。1980年代後半の最盛期には2万7千店あったが、今や1万5千店まで減った。パナソニックの家電の6割を販売していた面影はなく、低価格が売りの量販店大手やネット通販に顧客をとられて、今では2割を切る水準だ。パナソニック本体が家電から自動車部品に軸足を移す中で、その在り方も変革を迫られている。

高齢者経営の店舗、2割が後継者なし

「俺に店をやめろっていうことか」。昨春に始めた、今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン