/

この記事は会員限定です

LIBOR上昇、日本の外債投資に影響 ドル資金調達難しく

[有料会員限定]

米国で資金調達時の金利が上昇している。金融機関同士が資金を貸し借りする短期金融市場で、ドルを借りる際の目安となるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)が上昇。この先、日本の投資家がドルを借りる際の調達コストに跳ね返る可能性も出てきた。日本の投資家は米国債など外債投資の戦略見直しを迫られるかもしれない。

LIBORは金融機関同士が短期の資金調達で目安とする金利。政策金利を基準に、金融機関の貸し倒れリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン