2019年2月21日(木)

2/21 17:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,481億円
  • 東証2部 75,964億円
  • ジャスダック 90,031億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍13.93倍
株式益回り7.38%7.17%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

息吹き返す任天堂経済圏 部品やソフトに期待高まる
証券部 花田幸典

2018/3/19 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で任天堂の存在感が高まっている。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の発売から約1年。好調な売れ行きを背景に業績拡大への期待が根強い。大型株が全般に振るわないなか、日々の売買代金ランキングではいまや不動の首位だ。任天堂株の復活と歩調を合わせるように電子部品やソフトの任天堂関連株も息を吹き返している。

「もう任天堂関連株と呼ばないで」。任天堂がゲーム機「Wii U」の不振に苦しんでいた20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム