/

この記事は会員限定です

児島デニム 生活の一部に 家具・壁紙やエプロン

中四国ウエーブ

[有料会員限定]

ジーンズの街として知られる岡山県倉敷市児島地区の関連各社が、デニムの裾野拡大へ活用範囲を広げる取り組みを進めている。衣料品に加え、日用品やオフィス家具、内装など用途は様々。主力のアパレルで輸入品の攻勢が続く中、ビンテージジーンズだけでないデニムの魅力のアピールや付加価値向上を狙う。

岡山高島屋(岡山市)の店頭に1日、デニム製エプロンと鍋つかみが登場し、注目を集めた。製造元のベティスミスは縫製工場を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン