/

この記事は会員限定です

都の入札改革 水害対策に波紋

(潜望展望)

[有料会員限定]

東京都の入札改革の影響で、河川の水害対策が遅れている。特に大型工事で入札参加が1社・グループ以下の「1者入札」になった場合に、手続きを中止してやり直す仕組みの影響が大きい。改革の試行が2017年6月に始まってから、「1者入札」で中止になった水害対策工事は10件に上る。手続きが1~3カ月遅れたり、翌年度に先送りになるケースも出ている。

「水害対策は少しでも早くやる必要があるが、入札改革の影響が如実に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン