スポーツ > ニュース > 記事

平昌を糧にさらに成長を パラ選手団が解団式

2018/3/19 20:46
保存
共有
印刷
その他

解団式で大日方団長(左)に団旗を手渡す旗手の村岡選手(中)(19日午後、東京都千代田区)

解団式で大日方団長(左)に団旗を手渡す旗手の村岡選手(中)(19日午後、東京都千代田区)

平昌冬季パラリンピックで10日間の熱戦を終えた日本選手団が19日、東京都千代田区のホテルで解団式を開いた。3個の金メダルを含む計10個のメダルを獲得した選手団。日本中に勇気を与えたパラリンピアンは笑顔で激闘を振り返り、4年後の戦いにさらなる飛躍を誓った。

選手が登壇すると会場の関係者らから拍手がわき起こった。日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長がアルペンスキー出場全5種目でメダルを獲得した村岡桃佳選手(21)や、クロスカントリースキーで金銀2つのメダルに輝いた新田佳浩選手(37)らメダリスト4人にパラリンピック特別賞を贈った。

「ソチでは獲得できなかったメダルが目標だったが、目標よりもいい成績で終われた。チームのみんなや支えてくれた多くの方のおかげ。この経験を糧にさらに上を目指して成長したい」と村岡選手。新田選手は「2種目で表彰台に立ててうれしい。諦めなければメダルは取れる。この思いを2020年東京五輪・パラリンピックにつなげたい」と話した。

金銅2つのメダルを獲得したスノーボードの成田緑夢選手(24)は「初めてのパラリンピックでメダルを取れてすごくうれしい。今後も小さな一歩を大切に頑張りたい」と喜びを語り、次の戦いを見据えていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]