OKI、設備投資2割増 プリント基板事業で

2018/3/19 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

OKIがプリント基板事業の設備投資を2割増やす。子会社が手がける2工場が対象で、2019年度までに20億円程度を投じる計画。OKIは電子機器の受託製造サービス(EMS)を今後の収益の柱と位置付けており、同事業に不可欠なプリント基板の生産体制を整える狙いだ。

子会社のOKIプリンテッドサーキット(新潟県上越市)が運営する上越工場と青梅工場で設備投資を増やす。17~19年度の投資額を…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]