/

この記事は会員限定です

リビング保証の安達社長「住設、メーカー後も10年保証」

[有料会員限定]

住宅設備の保証サービスを手掛ける日本リビング保証が30日、東証マザーズに上場する。安達慶高社長に事業内容や今後の展望を聞いた。

――事業内容を教えて下さい。

「キッチン、バス、トイレなど各種住宅設備の延長保証サービスを手掛ける。加入すれば通常1~2年間のメーカー保証終了後も、最長10年まで同等の修理サービスが受けられる。費用は対象の機器の数や期間で異なるが、主要機器をまとめて10年間保証する場合で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン