/

この記事は会員限定です

加速する中国のイノベーション(1) 活発な研究開発がけん引

伊藤亜聖 東京大学准教授

[有料会員限定]

「中国の大きな国内市場に加えて外国貿易が行われるならば、中国製品は著しく増えて、製造業の力も向上する。航海が活発になれば、中国人は世界で行われている技術上の改良を学ぶであろう……」

これはアダム・スミスの『国富論』(1776年)の一節です。改革開放以降の中国経済の拡大を予言したかのようです。現在ではスミスの描写を超え、中国は新技術や新産業の創出の場となりつつあります。中国メディアは高速鉄道網、電子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン