「アカデミー会長がセクハラ」複数申し立て 米報道
ベイリー氏に内部調査始める

2018/3/18 21:18
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米アカデミー賞を主催する映画界の最高団体、映画芸術科学アカデミーのジョン・ベイリー会長(75)からセクハラ行為を受けたとの複数の申し立てが寄せられ、アカデミーが内部調査を始めた。複数の米メディアが報じた。アカデミーは「すべての調査が終わるまでコメントできない」としている。

映画界では昨年秋、大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏の疑惑が発覚したのを機に、セクハラ問題が続出。アカデミーは同氏の会員資格を剥奪し、行動規範やクレームの処理方法を定めるなど業界の体質改善に力を入れている。

ハリウッドで4日開かれた第90回アカデミー賞授賞式でも多くの出席者がセクハラ被害者支援キャンペーン「タイムズ・アップ」(「もうおしまい」の意味)のバッジを着けて参加。被害を受けた女優らが再発防止などを訴えたばかりだった。

ベイリー氏は「アメリカン・ジゴロ」「恋愛小説家」などの撮影を手掛けたベテラン。昨年8月にアカデミーの会長に選ばれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]