2018年10月18日(木)

企業型保育所、目標の7万人枠確保にメド 18年度
人材不足による運営の安全性に課題

2018/3/18 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣府によると、国の支援を受けて企業が運営する企業主導型保育所の定員枠は、2016年4月から今年2月末までに合計で5万4千人分に上った。申請数では政府がめざしている7万人分を超えており、このまま審査がすすめば18年度中に目標分を開所できる見通しだ。一方で、人材不足による運営の安全性など質の課題が浮き彫りになっている。

企業主導型保育所は認可外だが、一定の基準を満たせば国から認可並みの補助金を受け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報