/

作家の内田康夫さん死去 「浅見光彦シリーズ」

推理小説「浅見光彦シリーズ」で知られる作家、内田康夫(うちだ・やすお)さんが3月13日、敗血症のため死去した。83歳だった。告別式は近親者で行った。お別れの会は行わず、3月23日から4月23日まで、長野県軽井沢町の浅見光彦記念館に献花台を設置する。喪主は妻で作家の早坂真紀(はやさか・まき、本名=内田由美=うちだ・ゆみ)さん。

東京都出身。コピーライターや広告会社経営を経て1980年、「死者の木霊」で作家デビュー。82年、「後鳥羽伝説殺人事件」でルポライター・浅見光彦が登場する作品を初めて出版した。シリーズは114作に上り、映画やテレビドラマにもなった。著作の累計発行部数は1億部を超える。2006~07年、日本経済新聞に自身初の歴史小説「地の日 天の海」を連載した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン