/

この記事は会員限定です

「習・王終身体制」でアメリカ超え 経済世界一へ強権

[有料会員限定]

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は17日、習近平(シー・ジンピン)氏を全会一致で国家主席に再選し、昨秋に引退した王岐山氏を異例の形で国家副主席に選出した。復活した「習・王」体制は2035年に経済で超大国の米国を追い越す目標に向けて走り出す。習氏は憲法改正で共産党、軍、国家の終身のトップも可能にした。その強権主義は、世界の経済構造と安全保障に予想外の影響を及ぼしかねない。

国家副主席に就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1909文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン