「習・王終身体制」でアメリカ超え 経済世界一へ強権

2018/3/17 20:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は17日、習近平(シー・ジンピン)氏を全会一致で国家主席に再選し、昨秋に引退した王岐山氏を異例の形で国家副主席に選出した。復活した「習・王」体制は2035年に経済で超大国の米国を追い越す目標に向けて走り出す。習氏は憲法改正で共産党、軍、国家の終身のトップも可能にした。その強権主義は、世界の経済構造と安全保障に予想外の影響を及ぼしかねない。

国家副主席に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]