/

徳島で3人死傷火災、火遊びか 男児2人に事情聴く

徳島市北矢三町2のアパートが15日に全焼して2人が死亡し、1人が負傷した火災があり、徳島県警が子供による火遊びが出火原因となった可能性があるとみて、小学校低学年の男児2人から事情を聴いていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

子供のため、県警は聴き取りや現場の状況との確認を慎重に進め、詳しい事実関係が明らかになれば児童相談所へ通告する方向で調べている。少年法に基づき、14歳未満は「触法少年」として扱われ、刑事責任は問われない。

火災は15日午後に発生し、鉄骨2階建ての建物が全焼。男性1人と性別不明の1人が2階の別々の部屋から遺体で見つかり、徳島西署が身元確認を進めている。他に70代女性が顔などにやけどを負って病院に搬送された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン