/

東京で桜開花、観測史上3番目の早さ

気象庁は17日午後、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。同庁職員が靖国神社(千代田区)の境内にある標本木で5輪以上咲いているのを確認した。1週間程度で満開を迎える見込み。17日時点での開花は平年より9日、昨年より4日早い。観測して統計を始めた1953年以降で最も早かった2002、13両年の3月16日に次ぐ3番目の早さ。

平年より開花が大幅に早まった一因として考えられるのが今冬の厳しい冷え込みだ。東京都心では1月下旬に48年ぶりに氷点下4度を記録した。同庁天気相談所は「この冬の寒さで(花芽が目覚める)『休眠打破』がしっかりと引き起こされたうえ、3月に入ってからは暖かい日が続き、順調につぼみが成長した」とみている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン