/

高橋知事、日ハム社長と面会へ 新球場支援策を提示

北海道の高橋はるみ知事は19日、新球場の建設でプロ野球・北海道日本ハムファイターズ(札幌市)の竹田憲宗社長と会談する。誘致を目指す札幌、北広島の2市からの要請を踏まえ、道の支援策を提示する。球団は道からの支援内容を検討し、月内に候補地を決定する。

候補地は札幌市の道立真駒内公園と北広島市のきたひろしま総合運動公園で、道は両候補地に対する支援策を示す。札幌案には公園使用料や公園内の屋外競技場の解体費用の減免を、北広島案には道路の拡幅や鉄道の輸送力強化に向けたJR北や国への働きかけなどの内容を提示する見通し。道は新球場建設場所がどちらに決まっても支援する考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン