/

この記事は会員限定です

東葉高速鉄道の「船橋新駅」構想が始動

[有料会員限定]

千葉県船橋市で東葉高速鉄道の新駅計画が始動する。市内の東海神駅と飯山満駅の間に新駅を設けるよう市などがはたらきかけ、周辺の計42ヘクタールを区画整理して街をつくる。市立医療センターを新駅近くに移し、健康と医療をテーマにした「メディカルタウン」とする構想だ。交通利便性を生かして住宅や商業機能も備え、子育て世代を呼び込む。

区画整理事業予定地の地権者約270人は18日、区画整理の準備会を立ち上げ、構想...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン