東葉高速鉄道の「船橋新駅」構想が始動

2018/3/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉県船橋市で東葉高速鉄道の新駅計画が始動する。市内の東海神駅と飯山満駅の間に新駅を設けるよう市などがはたらきかけ、周辺の計42ヘクタールを区画整理して街をつくる。市立医療センターを新駅近くに移し、健康と医療をテーマにした「メディカルタウン」とする構想だ。交通利便性を生かして住宅や商業機能も備え、子育て世代を呼び込む。

区画整理事業予定地の地権者約270人は18日、区画整理の準備会を立ち上げ、構…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]