/

この記事は会員限定です

政治リスクは長続きせず

日経ヴェリタス編集長 小栗太

[有料会員限定]

日米で突如噴き出した政治リスクに市場が身構えている。

まずは日本。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の書き換えが明らかになり、政権関与の有無を巡って国会が波乱の様相を示している。

一方、米国も歩調を合わせるように、コーン国家経済会議委員長、ティラーソン国務長官と、経済政策・外交の司令塔が相次いで職を離れる事態に。にわかに政権運営の不透明感が強まってきた。

政治リスクは格好の円買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン