2019年3月27日(水)

PTT、新CEOにチャンシン氏

2018/3/16 23:00
保存
共有
印刷
その他

■タイ石油公社(PTT) チャンシン・トリーヌッチャコン最高技術責任者(57)が8月31日付で最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。3年務めたテウィン・ウォンワニットCEO(59)が定年を迎えるため。

チャンシン氏の任期は、同氏が定年を迎える2020年5月までの予定だ。タイ国内のガス田が枯渇に向かう中、国外での開発加速や液化天然ガス(LNG)輸入など、エネルギー確保に向けて陣頭指揮をとることとなる。

同氏は1982年にPTTに入社。精製や販売などの下流部門の経験が長い。17年4月から12月まではPTTと旭化成ケミカルズとの合弁会社PTTアサヒケミカルの会長を務めた。

現職のテウィンCEOは15年10月に就任し、LNG輸入の拡大やガソリンスタンドなどリテール部門の分社化などに取り組んだ。タイの国営企業は60歳を定年としており、退任後の進路は未定となっている。(バンコク=小野由香子)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報