/

TV通販ジュピターを処分 セール後の価格、根拠なし

消費者庁は16日、テレビ通販のジュピターショップチャンネル(東京)がセール企画として商品を宣伝した際、「セール終了後の価格」として表示された高い金額に根拠がなく、景品表示法違反(有利誤認)として、再発防止を求める措置命令を出した。

同庁表示対策課によると、2016年12月~17年4月、セール企画として32型と40型テレビを販売した際、セール終了後の販売価格として約2倍の金額を表示。16年12月には、セール企画として冷凍ズワイガニを9800円で販売し、価格表示のすぐ近くに「明日以降 ¥14580」などと宣伝した。

しかし、セール終了後はいずれも数日しか販売しておらず、表示対策課は「将来の販売価格として十分な根拠がない」と認定した。

ジュピターショップチャンネルは「措置命令を受け止め、内容を周知徹底する」とのコメントを出した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン