/

この記事は会員限定です

山形唯一の百貨店、再生なるか ファンドが出資へ(列島追跡)

地域の食重視、「宝の山」を再デザイン

[有料会員限定]

山形の百貨店、大沼(山形市)が再生ファンドの支援を受けて存続を目指す。同市では1月末に山形駅前大通りの十字屋山形店が閉店、大沼が県内に残る唯一の百貨店だ。買い物客の仙台への流出、郊外店拡大に加え、ネット通販普及が業績不振に追い打ちをかけた。各地で地方百貨店が消えゆく中、地元の食を重視した再生策を模索する。

「最盛期には大沼、丸久松坂屋の地元百貨店のほか、十字屋、緑屋、長崎屋、ダイエー、ジャスコ、ニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン