/

この記事は会員限定です

アリババ、日本版スマホ決済延期 情報流出に懸念の声

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団が今春にも日本で始める計画だった日本人向けのスマートフォン(スマホ)決済サービスの開始が遅れている。日本の銀行口座を経由しようと模索したが、個人情報の流出を懸念する邦銀の協力が得られていないためだ。日本政府も中国への情報流出を懸念しており、国を超えたデータ管理の在り方が問われている。

アリババが目指したのはスマホ決済「支付宝(アリペイ)」の日本版。店に設置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン