JR西日本、賃金未払い19億円 2年で約1万4000人

2018/3/16 11:20
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は16日、2017年3月までの約2年間で、全従業員の4割強に当たる約1万4200人に計約19億9千万円分の賃金の未払いがあったと発表した。大阪労働局天満労働基準監督署から17年に是正勧告を受け、全社を対象に調査していた。未払い分は今後全額支給するとしている。

JR西によると、自己申告による勤務実績と社員が使用するパソコンの使用記録やメールの送信履歴などを突き合わせた結果、15年3月1日~17年3月末までに約80万1200時間分の未払いがあることが分かった。1人当たりの平均は月約2.3時間分になるという。

未払いが最も多かった社員は50代の男性副駅長で約1192時間(月平均約47時間)に達し、同社の労使協定(36協定)の上限時間も上回っていた。未払いが500時間を超えた社員は副駅長を含め計15人いた。

天満労働基準監督署から17年3月、JR西本社の社員について、申告上の勤務時間と実態に差があるとして是正勧告や指導を受け、社内調査を進めていた。今回の調査結果は同労働基準監督署にも報告した。

JR西は17年4月、再発防止策としてパソコンの使用記録を基に上司が労働時間を管理する仕組みを導入。「調査結果を真摯に受け止め、適正な労働時間管理に努める」(担当者)としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]