/

この記事は会員限定です

都市の農地に「2022年問題」 解決の担い手は企業

政策 現場を歩く

[有料会員限定]

都市部に集まる農地「生産緑地」に注目が集まっている。生産緑地の大半で、地主に対する相続税の猶予が2022年に期限切れを迎えるためだ。相続税を払うために手放す土地が宅地に転用されれば、住宅市況に影響を与えるとの懸念がある。農林水産省が生産緑地の新たな担い手と期待するのが企業やNPOだ。柔軟な賃借手続きの導入などで生産緑地の維持を狙う。

トイレのある農地

千葉県市川市の住宅街。小高い丘に戸建て住宅がひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン