/

海外の便座なしトイレ用の携帯便座 アスタリスク開発

アスタリスク(川崎市)は海外の便座なしトイレ用の携帯便座「イケベン」を開発した。表面にはポリエステルを使い、洗って繰り返し使える。クッションにスポンジを入れ、座り心地にも配慮した。折り畳んで持ち運べ、大半の便座に対応できる。価格は3240円。

大半の便座に対応できる

海外ではイタリアやフランスなど欧州のほか、シンガポールなどでも便座の盗難対策などのため、レストランや空港で便座なしトイレを導入しているケースがある。現地では中腰か便器に足をかけて利用するが、「日本人には抵抗があるという声を製品に反映した」(同社)という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン