/

この記事は会員限定です

スマートバリュー、電子行政拡大へ加賀市と実験

ブロックチェーン活用

[有料会員限定]

情報システム開発のスマートバリューは石川県加賀市と連携し、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した自治体向けサービスの実証実験を4月から始める。自治体がブロックチェーンを使い地域通貨を導入する事例はあるが、電子行政の推進などより広範囲での活用を検討する。今後は他の自治体との連携も目指す。

ブロックチェーン技術開発のシビラ(大阪市)が技術面で協力する。住民など個人の認証をするブロックチェーンの基盤を立ち上げ、様...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン