/

この記事は会員限定です

古河電工、5Gビッグバンに「今は我慢の時」

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

電線大手の古河電気工業の株価が2017年秋につけた高値を取り戻せずにいる。電線業界のホットな話題は次世代通信技術「5G」だ。世界的に広がる大容量通信のインフラ需要を取り込もうと各社はしのぎを削り、市場は業績での成果を期待する。期待に見合った結果を示せないことが株高の勢いを抑えている。

「残念ながら、中国の顧客による在庫調整がまだ続いている」。2月の決算発表の席で荻原弘之取締役の表情はさえなかった。まだ、という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン