/

この記事は会員限定です

中国、投資統計に水増し修正が波及か

伸び率に大きなズレ

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国の国家統計局が毎月公表する固定資産投資に異変が生じている。統計局は投資の実額と前年同期比の伸び率を公表する。この伸び率が2017年夏から、前年の投資額をもとに計算した伸び率を上回るようになり、17年通年ではその差が1.3ポイントに達した。地方の統計水増しの修正が波及した可能性がある。

固定資産投資は、工場やビルの建設、道路や空港などの公共投資を含む。統計局は毎月、1月から当月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン