/

この記事は会員限定です

食品も「時短」広がる イオン「調理済み」50品目

カレーはレトルトがルー上回る

[有料会員限定]

小売りや食品各社が短い時間で食事を準備できる加工食品を増やす。イオンは食材と調味料がセットになった「ミールキット」を約50品目投入する。2017年に初めてレトルトカレーの売上高がカレールーを上回ったことを受け、ハウス食品などが品ぞろえを充実する。働き方改革を受け共働き夫婦や働く単身者が増え、時短調理の需要が高まっている。

イオンは調理時間は短くしたいが、完全調理の冷凍食品や総菜を食卓に出すことに抵抗があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン