2018年12月14日(金)

農水省、後発農薬の普及促進 データ提出を一部免除

2018/3/15 19:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省はすでに販売されている農薬より割安な「ジェネリック(後発)農薬」の普及を後押しする。2018年度にも国内販売する際に必要な一部のデータの提出を免除し、メーカーの負担を軽くする。農薬は農産物の生産コストの1割を占める。安価な農薬の開発を促すことで、生産性の向上につなげる。

国内で農薬を販売するには健康への影響などの試験データを農林水産大臣に提出し、登録する。後発農薬は先行メーカーの特許の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報