/

この記事は会員限定です

イオンを拒んだ町 人口減ニッポンの現実

[有料会員限定]

全国で唯一、イオンの大型店がない町がある。福井県だ。昨年、隣接する石川県小松市に全国150カ所目となる大型のイオンが開業すると客が流出。福井県内の地元商店業者は異例の連携に踏み切った。イオンを拒んだ町と受け入れた町。両者の綱引きが象徴するのは、人口減少ニッポンの各地で起きている都市間の生き残り競争だ。

「福井にだまされた」

「福井にはだまされた」。イオン社長の岡田元也はそう話す。その真意は詳しく語らないが、連結売上高8兆円を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4420文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン