汚染水半減、効果は限定的 福島第1凍土壁完成

2018/3/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力などが福島第1原子力発電所の汚染水対策の「切り札」として導入した地下の氷の壁「凍土壁」が完成。7日には政府の有識者会合は、「汚染水を半減させる効果がある」とする評価をまとめた。一方で巨額の費用に見合った効果がないとする専門家もいて、原子力規制委員会は汚染水対策の主役という位置づけをしていない。福島第1原発の汚染水対策や凍土壁の実際の効果はどうなっているのだろうか。

福島第1原発では、原子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]