/

この記事は会員限定です

昔ダイエー、今アマゾン 「優越的地位の乱用」とは

[有料会員限定]

公正取引委員会は15日、インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)が、同社の通販サイトで販売する取引先に「協力金」の支払いを要請したのは独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いがあるとして、アマゾンを立ち入り検査した。「優越的地位の乱用」はかつてダイエーなど大手小売業も問われたことがある。何が問題なのか。

Q 「優越的地位の乱用」とは何か。

A 大企業などが取引業者よりも優越した立場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン