2018年11月16日(金)

中国の憲法改正で深まるチベットの憂鬱  編集委員 飯野克彦

ニュースこう読む
習政権
コラム(国際・アジア)
2018/3/16 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は11日、憲法改正案を採択した。広く報じられているように、習近平(シー・ジンピン)国家主席の名前を冠した「思想」を国の指針と位置付けて国家主席の任期制限をなくしたのが、最大の眼目だ。ただ、今回の改正はかつてない規模。習主席の「1強」体制を整えるだけでなく、一党独裁を強固にする思惑も鮮明だ。

共産党政権はこれまで、4回にわたって憲法を制定した。それぞれ1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

またひとつ、親中の政権が独裁に[有料会員限定]

2018/2/21 6:50

中国の「浸透」が問う民主主義の底力[有料会員限定]

2018/1/5 6:50

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報