2018年11月18日(日)

進化するマネーボール

フォローする

源田や坂本勇… データが示す「守備の名手」
野球データアナリスト 岡田友輔

(1/3ページ)
2018/3/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

「野球は守りから」という。しかし守備力を客観的に評価するのはなかなか難しい。何しろ打率や防御率のような確固とした指標がない。いきおい、華麗なグラブさばきや強肩が光る選手が「名手」と呼ばれることになる。イメージ先行になりがちな守備の評価で役に立つのがセイバーメトリクスだ。新たな角度から光を当てることで、本当の名手が見えてくる。

最も知られている守備データは失策数だろう。失策が多ければ下手、少なければ上手というのは確かにわかりやすい。だが失策には重大な死角がある。「守備範囲の広さ」という大切な要素が抜け落ちているのだ。

たとえば三遊間の際どい打球に追いつきながらファンブルしてアウトにできなかった遊撃手と、追いつくことさえできず左前打にしてしまった選手。後者に失策はつかないが、前者にはつくかもしれない。これがフェアじゃないのは誰にでもわかるだろう。

「得点価値」という指標

守備の目的は打者をアウトにすることだ。華麗なグラブさばきや強肩はその手段にすぎない。いくら不細工でもアウトにさえすれば守備の目的は果たしている。一方、アウトにできなければ、安打も失策も変わらない――。セイバーメトリクスではこうした前提に立ち、ある選手が同じポジションの平均的な選手に比べて何点分の失点を防いだかを算出する。

代表的なのは「UZR(Ultimate Zone Rating)」や「DRS(Defensive Runs Saved)」といった指標だ。本塁打のような野手が関与できない打球を除く全プレーをデータ化しなければならないので膨大な時間と手間がかかるが、米大リーグではかなり浸透し、ゴールドグラブ賞を選ぶにあたっても参照されるようになっている。

UZRについて大まかに説明すると、距離や方向に応じてフィールドを176ゾーンに分け、どこに、どのような打球(ゴロかライナーか飛球か、打球のスピードなど)が飛び、どのような結果になったかを記録する。アウトにできる確率が100%に近い打球というのは、定位置正面の簡単なゴロなど。50%ぐらいならアウトにすればナイスプレーという難しい当たり。20%以下なら普通は安打、アウトならファインプレーだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

進化するマネーボール 一覧

フォローする
リーグ3連覇を果たし、ファンに手を振る鈴木(左)と丸。広島のドラフト戦略の成功例だ=共同共同

 10月25日のプロ野球ドラフト会議が近づいてきた。選手にとっての「運命の一日」は球団にとっても将来を左右する一大イベントだ。抽選で引き当てたスター候補が期待外れに終わることもあれば、下位指名からチー …続き (10/21)

大谷は日本ハム時代の16年、投打にわたる活躍でチームの日本一に貢献した=共同共同

 前回までは、統計に基づく「セイバーメトリクス」が守備、打撃、投球、走塁をどのように評価するかをみてきた。今回はその一つの到達点として「貢献の勝利換算」という考え方を紹介したい。(今季成績は9月12日 …続き (9/16)

ヤクルト・山田哲(右)は盗塁成功率でも球界トップクラス=共同共同

 今回は走塁を取り上げたい。緻密な日本の野球において「機動力」は非常に重視されている。盗塁はもちろん、貪欲に先の塁を狙う姿勢はゲームに緊張感とスピード感をもたらし、チームの士気を高める。プロ、アマ問わ …続き (8/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]