進化するマネーボール

フォローする

源田や坂本勇… データが示す「守備の名手」
野球データアナリスト 岡田友輔

(1/3ページ)
2018/3/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

「野球は守りから」という。しかし守備力を客観的に評価するのはなかなか難しい。何しろ打率や防御率のような確固とした指標がない。いきおい、華麗なグラブさばきや強肩が光る選手が「名手」と呼ばれることになる。イメージ先行になりがちな守備の評価で役に立つのがセイバーメトリクスだ。新たな角度から光を当てることで、本当の名手が見えてくる。

最も知られている守備データは失策数だろう。失策が多ければ下手、少なければ上手というのは確かにわかりやすい。だが失策には重大な死角がある。「守備範囲の広さ」という大切な要素が抜け落ちているのだ。

たとえば三遊間の際どい打球に追いつきながらファンブルしてアウトにできなかった遊撃手と、追いつくことさえできず左前打にしてしまった選手。後者に失策はつかないが、前者にはつくかもしれない。これがフェアじゃないのは誰にでもわかるだろう。

「得点価値」という指標

守備の目的は打者をアウトにすることだ。華麗なグラブさばきや強肩はその手段にすぎない。いくら不細工でもアウトにさえすれば守備の目的は果たしている。一方、アウトにできなければ、安打も失策も変わらない――。セイバーメトリクスではこうした前提に立ち、ある選手が同じポジションの平均的な選手に比べて何点分の失点を防いだかを算出する。

代表的なのは「UZR(Ultimate Zone Rating)」や「DRS(Defensive Runs Saved)」といった指標だ。本塁打のような野手が関与できない打球を除く全プレーをデータ化しなければならないので膨大な時間と手間がかかるが、米大リーグではかなり浸透し、ゴールドグラブ賞を選ぶにあたっても参照されるようになっている。

UZRについて大まかに説明すると、距離や方向に応じてフィールドを176ゾーンに分け、どこに、どのような打球(ゴロかライナーか飛球か、打球のスピードなど)が飛び、どのような結果になったかを記録する。アウトにできる確率が100%に近い打球というのは、定位置正面の簡単なゴロなど。50%ぐらいならアウトにすればナイスプレーという難しい当たり。20%以下なら普通は安打、アウトならファインプレーだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

進化するマネーボール 一覧

フォローする
森は首位打者を獲得したほか、打撃3部門すべてでキャリアハイを記録した=共同共同

 2019年のペナントレースは両リーグとも最後まで目が離せなかった。混戦の明暗を分けた決め手は何だったのか。数字を基に振り返ってみたい。
 パ・リーグは西武が逆転で連覇を飾った。主将の浅村栄斗、エースの …続き (10/6)

今季の山田哲は選球眼に磨きがかかっている=共同共同

 ひいきのチームが2死満塁のピンチを迎えたと想像してみてほしい。初球からボールが2球続けば、胸騒ぎが高まり、目を覆いたくなるだろう。逆に2ストライクになれば「これでなんとかなりそうだ」と希望が湧いてく …続き (8/25)

巨人の2番打者・坂本勇は本塁打、打点、長打率などでリーグトップを走る=共同共同

 つなぎやバントのイメージが強かった「2番打者像」が変わりつつある。セ・リーグでは巨人の坂本勇人が本塁打、打点、長打率などでリーグトップを走り、優勝を目指すチームの原動力となっている。DeNAも後半戦 …続き (7/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]