2018年9月21日(金)

中国シェアサイクル大手、和歌山市で国内初サービス

BP速報
2018/3/16 14:07
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

 中国のシェアサイクル大手である「ofo」の日本法人であるOFO JAPANは2018年3月28日から、和歌山県和歌山市でシェアサイクルサービスを開始すると3月13日に発表した。同社が国内でサービスを提供するのは今回が初めて。2018年3月27日に同市とのシェアサイクル事業に関する協定を締結し、詳細を発表する予定だという。

 ofoは2017年8月に、ICT関連商材の製造・流通・販売の事業を手掛けるソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンク C&S)と国内事業について協業し、2017年9月以降、東京と大阪からサービスを開始すると発表していた。しかし、これらの地域でまだサービスを始めていない。「提携を解消してはいないが、具体的な協業内容について検討している段階」とOFO JAPANは説明する。和歌山市でのサービスにも、ソフトバンク C&Sは関係していない。

 ofoは現在、世界21カ国・250都市で事業を展開している。オフォの自転車には全地球測位システム(GPS)と連動した鍵が付けられており、専用のスマートフォンアプリから「利用可能な自転車の検索」「解錠」「利用後の支払い」などが可能だ。

(日経 xTECH 矢口竜太郎)

[日経 xTECH 2018年3月14日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報