2018年9月26日(水)

9/26 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷
  3. 3位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  4. 4位: 楽観いぶかる国内勢 買い遅れ、いつか来た道?[有料会員限定]
  5. 5位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,940.26 +70.33
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,740 -10

[PR]

グローバルOutlook

フォローする

暗雲漂う経済運営の手のひら返し
編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2018/3/20 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 安倍晋三政権が八方ふさがりとなるなか、日本の金融・株式市場が視界不良に陥っている。現政権は経済の立て直しを最重要課題に掲げ、景気と株価を目いっぱい吹かしてきた。そのエンジンが息切れした場合のシナリオを探る局面を迎えつつある。

 550兆円。2017年10~12月期の日本の名目国内総生産(GDP)の改定値は、年換算額で初めてこの大台を超えた。安倍政権が誕生した12年10~12月期は493兆円だったか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム