2018年9月22日(土)

英制裁にロシア反発、報復措置も 近く声明発表へ

2018/3/14 23:30
保存
共有
印刷
その他

 【モスクワ=古川英治】英国の制裁発表を受け、ロシアのプーチン政権が報復措置に出ることは確実とみられ、英ロの対立激化は必至だ。ペスコフ大統領報道官は14日、メイ首相の演説の前に「全く根拠のないロシアに対する非難は受け入れられない」と反発した。

 ラブロフ外相も同日、「明確な証拠を示すことなく国際社会を欺こうとする英国の試みに対抗する」などと警告した。化学兵器禁止条約に基づき英国の正式な要請があれば10日以内に回答する用意があるなどと指摘し、「英国は政治的なパフォーマンスを続けている」と批判した。ロシア外務省はメイ首相の演説に対して「近く声明を出す」と発表した。

 ロシアは英国が招集した国連安全保障理事会の協議で非難決議などの採択を、拒否権の発動により阻止するとみられる。米欧諸国や北大西洋条約機構(NATO)が英国に同調し、制裁網が広がることに警戒を強めているもようだ。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報