/

京都・福井知事、安全運転求める 大飯3号機が再稼働

関西電力の大飯原子力発電所3号機(福井県おおい町)が14日に再稼働した。京都府の山田啓二知事は「かねて地域協議会などの場で、安心・安全の確保を第一に万全を期すよう強く求めてきた」としたうえで、改めて「安全の確立に全力を尽くしていただきたい」とコメントした。

滋賀県の三日月大造知事は「実効性ある多重防護体制の構築が道半ばであること、使用済み核燃料の処理などが未整備のままであることから再稼働を容認できる環境にない」とコメント。「国は原発に依存するエネルギー政策をできるだけ早く転換すべきだ」と注文した。

福井県の西川一誠知事は「最大限の注意を払い安全な運転に努め、原子力に対する県民・国民の信頼を得ていかなければならない」と述べた。福井県経済団体連合会の川田達男会長は「計画に遅れが出たものの福井県経済界として歓迎する」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン