2018年6月24日(日)

プラズマを色で見える化 サクラクレパス、半導体向け

2018/3/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 文具メーカーのサクラクレパス(大阪市)は半導体関連事業を拡大する。基板の製造で使うプラズマ発生装置の不具合などを色の変化で検知し、不良品の発生を防ぐシートを月内に出荷する。専用装置を用いた検査に比べて簡単で安くすむ。同社は「クーピーペンシル」などで知られる文具大手だが、少子高齢化で市場が先細りのなか、色に関する知見の蓄積を生かして新分野で攻勢をかける。

 プラズマは半導体基板やチップ、センサーなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報