/

この記事は会員限定です

相次ぐベア拡大、世界で勝てる賃上げか

[有料会員限定]

春季労使交渉の第1陣となる電機や自動車など主要製造業の賃上げ内容が固まった。賃金水準全般を底上げするベースアップ(ベア)は過去2年続けて減ったが、今年は反転しそうだ。

この結果をどう評価すべきか。企業が手元資金をため込むなかで、「もう少し出せるはず」という見方もあるが、成熟経済では一定の水準といえるのではないか。

むろん賃金や働く環境について、日本企業の直面する課題は多い。1つはトップタレント層を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン