/

広島県副知事に田辺氏就任へ 県信用組合常務理事

広島県議会は14日、広島県副知事に広島県信用組合常務理事の田辺昌彦氏(62)を選任する人事案に同意した。就任は4月1日。田辺氏は元県職員で、2010年から14年まで県経営戦略審議官を務めた経験も持つ。

2月中旬ごろに湯崎英彦知事から副知事就任の打診を受けたという。同日、県庁で記者団の取材に応じた田辺氏は「大変緊張している。4年間県政を離れていたが、その間に培ってきた外部からの視点というのを持ち続け、今後の広島県の活性化を勢いづけていきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン