/

「オペラ座の怪人」静岡公演 地元出身俳優6人

劇団四季が7月から静岡市で上演する人気ミュージカル「オペラ座の怪人」には静岡県出身者の俳優が6人――。同劇団の吉田智誉樹社長は14日に市内で開いた製作発表会で、「なかなかないこと。本当に静岡との深い縁を感じる」と語った。

吉田智誉樹劇団四季社長(左)と怪人を演じる佐野正幸氏(14日、静岡市内)

発表会には主役の怪人役を演じる藤枝市出身の佐野正幸氏も出席した。静岡市での同ミュージカルの公演は17年ぶり。佐野氏は「前回公演の最終日の舞台挨拶で"必ずここに戻ってくる"と言ったことが現実となった」と語った。

田辺信宏静岡市長は「市も協力し観客動員10万人を目指したい」と述べた。「オペラ座の怪人」の日本公演は今年で30周年にあたる。静岡公演は7月21日から9月17日まで静岡市民文化会館で計54回を予定。チケットは4月28日から一般発売する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン