/

音波通信のサイノスが最優秀賞 IBMの事業化支援

日本IBMが主催するスタートアップの事業化支援「IBMブルーハブ インキュベーション・プログラム」の最終審査会が14日、都内で開かれた。最優秀賞には音波通信スタートアップのサイノス(東京・世田谷)が選ばれた。サイノスは音波通信「サウンドコード」を手がけ、情報配信や決済などへの応用をめざしている。

サイノスの桑山燿代表取締役はアサツーディ・ケイから独立した起業家。「音波通信は新たな規格になりうる。用途を広げていきたい」と述べた。IBMイノベーション&インキュベーションラボ統括の工藤晶氏は「世界特許もとっており、いろんな創造を膨らませる技術だ」と評価した。

IBMの同プログラムは4期目。最近は様々な企業がアクセラレータープログラムなどで支援を充実しているが、IBMの「ブルーハブ」は先行組の1社として知られる。4期目では各スタートアップに異なるベンチャーキャピタル(VC)にメンターとして育成してもらい、IBM側も戦略コンサルタントが支援するなど新たな取り組みを入れた。

IBMは今年1月にスタートアップ担当と、大企業の新規事業支援の部門と統合した。工藤氏は今年から始まる5期目について「(1つの部門で)スタートアップと大企業新規事業の支援、その橋渡しをすることになった。新しいスタートアップやインキュベーションの形を示していきたい」と抱負を述べた。

(企業報道部 加藤貴行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン