2018年9月26日(水)

9/26 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  5. 5位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

スクランブル

フォローする

「金持ち企業」の求心力 下落局面でも抵抗力高く
証券部 荻野卓也

2018/3/14 22:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 株式市場で手元資金が潤沢な企業に投資マネーが流入している。企業統治指針の浸透で一段の株主還元が期待できるためだ。ただ、こうした「金持ち企業」に買いが向かうのは、相場の下落リスクへの警戒が強まっている裏返しでもある。

 「相場の下落局面に耐性のあるキャッシュリッチ銘柄に関心を示す企業年金は少なくない」。こう話すのは大和住銀投信投資顧問の尾崎秀臣執行役員。このほど相場変動リスクのヘッジ機能がついた「高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム