2018年11月15日(木)

サウジ、米と原発技術交渉 ウラン濃縮容認求める

2018/3/14 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアが同盟国の米国に対し、原子力発電に使うウラン濃縮技術の導入を認めるよう働きかけている。19日から訪米するサウジのムハンマド皇太子は直接、トランプ米大統領に要望を伝える見通し。米国から「お墨付き」を得た上で原子力技術の開発を加速し、国家の威信を高める狙いだ。ただウラン濃縮技術は核兵器にも転用できるため、周辺国は警戒を強めている。中東の潜在的な「核開発ドミノ」のリス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報