2018年4月24日(火)

角膜再生医療、有効性を確認 京都府立医大など

ヘルスケア
科学&新技術
2018/3/15 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 京都府立医科大学の木下茂教授らは目の角膜を透明に保つ角膜内皮が傷んで視力が低下する「水疱(すいほう)性角膜症」の患者に、培養して作った角膜内皮細胞を移植する臨床研究を実施し、有効性と安全性を確認した。角膜が透明になり視力も改善したという。現在は医師主導の臨床試験(治験)に進んでおり、企業と協力して実用化を目指す。

 水疱性角膜症は角膜にたまった余分な水分が排出されなくなり、角膜が厚くなり白く濁る。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報